.

クレカを申し込むと月ごとにカード会社から利用明細書が送付されてきます。このご利用明細をとっておけばどの店舗でいつ頃何の品にカードでどれくらい利用したのかという詳細が記されているため過去の利用した決済の履歴を確認するのがたいへん容易で使いやすい。これをメインとするのはちょっと不便と思いますがまとめやすい出納帳風に見立てることもいいアイディアだし、節約にも使えます。なおいま言った利用明細書の通知があってから普通は十日ぐらいしてからカード代金の支払いがされるわけです。このカード利用明細を見てみて身に覚えのない場所もしも申し込んでもいないサービスがリストにあれば、カード会社に問い合わせて確認すればよいというんです。万が一偽造による乱用に類するあなた以外の人のカード利用が判明したようであっても、カード利用者にミスがない限り、多くの状況においてはカード会社がその支払いをあてがってくれます。現在ではこのカード利用明細をインターネット上で閲覧できるカードが非常に多いです。普段からいついくらで決済したかを把握するといったことで不正利用を未然に防ぐことができるしおこづかい帳ともなりお金の管理といったことも可能です(専用ページで利用履歴を確認できるカード会社は以前の使用履歴やリボ払い適用の有無などが照会可能な場合が多です)。クレジットカードはこのような意味でもとても力になるツールと言えるでしょう。

Copyright (c) 2000 www.kongres-prilagodljivost-na-stres.com All Rights Reserved.